スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁港部での回遊魚(青物)釣り

伊豆の辺りでもぼちぼち回遊魚がシーズンを迎えたようだ。これから冬の入りまで各地でイナダやカンパチ、ソウダガツオやシイラ等の回遊魚釣りが楽しめる。

回遊魚は、サーフや漁港・堤防等でメタルジグを使って釣る事ができる。

回遊魚は基本的に沖の潮目を中心に回遊するので、沖に伸びた堤防の先端など潮通しのよいところがポイントになるが、L字に伸びた堤防などでは内側の部分に群れが入り込む事もある。

タックルは、9ft前後のシーバスロッドでよいだろう。
メタルジグは重さがありサイズの小さい物がよいので28gくらいが中心となり、反応が悪い時はそれよりも軽いものを、また逆風などで距離が出ない時には重めのジグを使うと良いだろう。
リールは中~小型のスピニングリール。ラインは8ポンドが標準で径の細めのものを選んだほうがよい。ダブルラインを介して16ポンドくらいのショックリーダーを1~2メートルほどつないでおけば安心だ。

波っ気のないベタナギの日が「回遊魚日和」といわれるので期待ができる。

キャストしてファーストリトリーブが基本。食い気のないときにはジャークで誘いフォールで食わせるのもよいだろう。
ナブラが出た時には、群れを散らさないようにナブラの先か左右のどちらかにキャストする。
ナブラが出ない時には、できるだけ深く沈めてから一気にリトリーブしてこよう。

回遊魚は、季節によって魚種は変わるが、小型のメッキアジまで含めれば年明け頃まで楽しむ事ができる。
是非挑戦してみよう。

回遊魚にお薦めのロッド



ランカーシーバスだけでなく、青物シーズンにはジグキャストの釣りにも活躍!メジャークラフト...


テンリュウ(天龍) パワーマスター PWM90M-L


テンリュウ(天龍) POWER MASTER PWM96ML-L


ダイワ(Daiwa) INFEET(インフィート) VR 902MHRS




[お薦めブログ]信州・渓流釣り三昧
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

スポンサードリンク

お薦めサイト・ブログ

sinnsyuubanar1.jpg バナー1.GIF

リンク

アドセンス広告

スポンサードリンク

広告リンク

アドセンス広告

Advertisement

ブログ内検索

FC2カウンター

ウェブサービス

楽天ウェブサービスセンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。