スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メバリングファン必見!ダイワ・メバル用ロッド特集

繊細かつダイナミックなメバルゲーム。今流行の海のライトタックルゲームの中でも一番人気である。

メバルは根魚といわれながらも、狙うポイント。レンジは刻々と変化していく。その上ルアーに対する見切りも早く、適切なルアーセレクトが要求される。ゲーム性の高いダーゲットであり、引きもその小さなボディーには似合わないパワフルさがあるところが人気の秘密だろう。

使用ルアーはワーム+ジグヘッドや小型ミノー・スプーン等。ラインは4ポンドがメイン。ロッドは当然ライトタックル用のもの。専用の物も今は数多く出回っているので、それを使えば間違えないが、トラウト用のロッドでも流用はできる。

長さは、足場の低い漁港などでは6フィートくらいから。足場の高いポイントならば7フィート以上はほしい。

リールは小型のスピニングリールでOK.

ポイントは、潮通しの良いところ。潮の動きのあるところ。それにストラクチャーがあれば有望ポイント。

また、メバルはナイトフィッシングであるならば常夜灯がキーポイントとなる。

日中はストラクチャーに潜んでいるメバルも、夜になると活発に餌を追うようになる。

明るいうちにストラクチャーなどの場所を下見しておき、暗くなったらその場所を攻めてみると釣果アップにつながるだろう。

また、夜は足元についていることも多いので、足元まできっちりとルアーを引いてくることが大切。テクトロも有効な方法。

基本はただ巻きである。巻き方よりも、レンジに注意しよう。群れていることが多いので、魚のレンジが見つかれば、その層を集中して攻めてみよう。

この冬はメバリングに挑戦だ!


more...
スポンサーサイト

シマノ 管理釣り場用ロッド

シマノのテスターと言えばあの大様・村田氏を思い出す。

村田氏は、数多くの経験を元にいくつもの管理釣り場でアドバイス・監修を行ってきている。

その村田氏をはじめとするテスター人の意見をふんだんに取り入れたシマノのトラウトロッドに満足いかないわけがない。

シマノが送るトラウトロッド、管理釣り場でもその実力を十分に発揮できるはずだ。

是非、一度シマノのトラウトロッドを使ってみてください。



more...

テンリュウ(天龍) キャスティングロッド特集

今日は、こだわりのロッドメーカー・テンリュウから、キャスティングロッドのご紹介。

テンリュウといえば、今唯一日本製のブランクにこだわったロッドを作っているメーカーですね。

1本1本に、テンリュウならではのこだわりと信頼を兼ね添えています。

だからマニアックなファンも多いんですよ。

実は私も隠れ(?)テンリュウファンなんです。

ライトルアーロッド使ってますが、やわらかさと強さが微妙なバランスでかみ合い、とても使いやすいロッドですよ。

今日はシュアキャスティングロッド。

テンリュウのこだわりは、難しいシュアからの釣りだからこそ大物を逃がさない強さかな。

1匹の価値を知っているテンリュウならではのスペックは、どんな条件でも安心して魚とファイトできます。

あなたのお手元に、テンリュウのロッドを1本、置いてみませんか。

きっとその実力に納得しますよ!



more...

ダイワ フローティングベスト特集

冬は海が荒れます。荒れてるときには釣りに行くのはやめましょう。

けど、釣っているときに荒れてきたら・・・すぐに退散します。

が、万が一のときに備えて、安全装備はちゃんと用意しておきましょう。

堤防で釣っていて海に落ちた・・・何てこともあります。

フローティングベストは必需品です。

足場がいいからといって安心していないで、準備は万全に。「備えあれば憂いなし」・・・です。

ファミリーフィッシングでは、特にお子さんには必ずフローティングベストを着用させましょう。

子供は好奇心旺盛です。すぐに覗き込みたくなりますので落ちたら大変です。

子供の安全確保は大人の義務ですからね。

でも、最近は各メーカーからも子供用のフローティングベストが出ていますので、是非ご用意くださいね。

ダイワのフローティングベストは、安全性・耐久性はもちろん、釣り人のために様々な配慮がなされているのでお薦めです。




more...

シーズン本番・・・カサゴ釣り・・・シマノタックル情報

年の瀬が迫ってくると、ロックフィッシュファンはいてもたってもいられないのではないですか?

各地で、ぼちぼちロックフィッシュの釣果報告されてますね。

カサゴ釣りも、これから年末にかけてがシーズン本番。春先まで楽しめるから、これから始めてみようという方でも安心。

カサゴは根がかりしやすい消波ブロックや岩礁帯の隙間等にいる事が多いので、アングラーが狙いにくい。が、しかしこういった場所の奥の奥を狙っていければ、逆に好調かも期待できる。

タックルはライトルアー用の6~7フィート。リールは2000番台が使いやすい。

ルアーはジグヘッド+ワームがメイン。その他シンキングミノーなどもポイントによっては有効である。

根がかりが心配な人は、ジグヘッドの変わりにテキサスリグで試してみよう。テキサスリグは、もともと根がかりの多いポイントですり抜けやすい仕掛けである。

隙間等にルアーを落とし込んだらロッドでアクションさせて反応を見る。活性の高い魚がいればすぐにバイトがあるだろう。バイトがなければ次のポイントに移動しよう。

カサゴは、餌を加えると一気に隙間にもぐりこんでしまう。バイトがあればためらわず一気に抜いてしまおう。

また、地磯のように、無数に岩礁帯が続いているよなポイントは、一つ一つ攻めるのではなく、岩礁帯の隙間をワームを泳がしてくるのも有効な手段だ。

今年の冬はカサゴ釣りにチャレンジしよう!



more...

ダイワ メッキ釣り・・ライトタックル特集

メッキ釣りもそろそろシーズン終盤・・・かと思いきや、地域によってはメッキは正月明けまで楽しめるとか。

なら、まだまだ楽しまなくちゃそん。

メッキはライトタックルゲームで人気のターゲット。ギンガメアジやロウニンアジ・カスミアジ等の幼魚の総称である。

からだは小さいがそのファイトは親ゆづり。ライトタックルで釣ると楽しさ倍増。

ルアーは5~7センチのミノーがメインであるが、深いタナの時にはスプーンも有効だ。

ミノーは小刻みにトゥイッチングさせて誘うのが効果大。レスポンスが良くダート幅の広い物が適しているだろう。

トゥイッチさせやすい細身のミノーを選ぼう。

ロッドもソルトライトルアー専用の物も出ているが、6フィート以上のミノーイング用トラウトロッドでも良い。

リールは2000番台クラスのものが適しているかな。

ラインは3~6ポンドでOK。

さあ急ごう。まだ楽しめるぞ!メッキ釣り!!




more...

シマノ スピニングリール特集

道具としてのこだわりとスペックに定評のあるシマノは、「シマノしか使わない」と言うアングラーがいるほどにファンが多い。

特にリールへの信頼性の高さは随一ではないか。

使いやすさもさることながら、ここぞというビッグフィッシュとのファイトにも、シマノのリールならためらいなく主導権を握る事ができるだろう。

安心と信頼のシマノブランド。今日はシマノのスピニングリールの特集である。




more...

ダイワ 管理釣り場用ルアーロッド特集

本日の特集は。エリアファンお待ちかね、ダイワの管理釣り場用ルアーロッド特集。

最近のエリアフィッシングの白熱ぶりはすごいですね。

アングラーのこだわりが、釣りそのものにあらわれているようです。

自然渓流に負けないスレッカラシのトラウト達と渡り合うための繊細な釣りが求められるエリアフィッシングには専用ロッドは欠かせませんね。

そんなアングラーの期待に答えるために、ダイワの自信の管理釣り場用ロッドをご紹介・

これで、スレたトラウト達をゲットしよう!!




more...

ダイワ エギングロッド特集

タックル作りにこだわりを持つダイワが送るエギングロッド。

最近流行のエギングに対して、ダイワのこだわりが随所に現れている。

村越氏をはじめとする、ダイワソルトウォーターフィッシングのテスター達の高いレベルでの要求にこたえてきたダイワが作るエギングロッド。

一度試し見てください。




more...

ダイワ シーバスロッド特集

私は個人的にダイワの釣具が好きです。

もう長いことダイワの製品を使ってきているので使い慣れていると言うこともあるけれど、安心して使える製品だと思ってます。

今まで、いくつもの製品を使ってきたが、「はずれた!」と思ったことはないですよ。

ダイワの製品には他社にないぬくもりみたいな物を感じているんですよ。

だからお薦めできます。

ダイワのシーバスロッド特集です。



more...

お正月を釣ったブリ(イナダ)で迎えよう!!

上信越地方の地域の中には、お正月はブリを食べるというところがある。

なので、年末には日本かで青物狙いの釣りが盛り上がる。

新潟沿岸でも11月から12月にかけて青物(イナダ)が接岸してくるので、シュアからのキャスティングで釣れる。

特に、漁港や防波堤の潮通しの良い先端から狙えれば大物も確率が上がる。

もちろん、小型ならば小魚を追って漁港内にも入ってくるほどだ。

港内でちょい投げ釣りをしていたら、仕掛けごともっていかれたなんてこともある。

この時期ならではのビックフィッシュを狙って、海に繰り出そう。




more...

エギングライン

ラインは消耗品です。一度巻くといつまでも使っている方いますよね。

だめですよ。痛んだラインはどんどんカットしましょう。

また、使わずに巻いたままになっているラインもトラブルの元です。

お目当ての一匹がヒットした瞬間、悔しい思いをしないようにラインは新しい物に張り替えましょう。

高いラインを長く使うよりも、安いラインでもいいからまめに巻きかえるほうがいいんですよ。

今日は、エギング用ラインのご紹介です。





more...

冬の釣り物・・・ヒラメ・マゴチ・・・サーフからのキャスティング

冬の釣り物の代表格と言えばやはりヒラメやマゴチの名が上がってくるかと思います。

特にヒラメは冬の風物詩。寒い中で、サーフからキャスティングを繰り返して得られた1匹は何物にも変えがたい物。

けれど、決して条件のいい季節ではありません。トラブルは少しでも減らしたいもの。

ならば、やはり専用タックルを使うのがベスト。

サーフから1~2オンスくらいのメタルジグやバイブレーション等をフルキャストできる専用のロッドは必需品。

値段も張るけれど、それ以上の見返りも期待できるはず。

今年はロッドも新調しちゃおう!


more...

シーズン終盤にむけて・・・エギング!

さて、今年も後残りわずかとなりました。(まだちと早いかな?)

釣りもいよいよ冬物に変わってきますね。

アオリイカもシーズン終盤です。

サイズも大きくなり、それなりに大物用の準備が必要ですよ。

エギのサイズも、3.5号から4号はそろえておきましょう。

今年の締めくくりに、大物イカをゲットしましょう。





more...

リールはできるだけいい物を使おう!

釣りをする時に一番みんなが気を使っているのがロッドであると思う。

確かに釣り物やサイズによってロッドは変わってくるか気を使わざるおえなし、一番釣り人の気持ちの入るタックルであろう。

けれど、魚をかけた後に一番重要視されるのは実はリールなんですよ。

もちろん、ならロッドは何でも良いのか・・・ということではないんですが・・・。

リールの性能でカバーできるところって多いんですよ。

ロッドの性能だけで言うならば、釣り物はもちろんサイズや釣る場所などの諸条件に合わせて全て変えていかなければなりません。

けれど、実際多くの人が兼用でロッドは使っているのではないです?

多少不便なところも、リールがある程度カバーしてくれるからできること。

特にリールのドッグ性能の優劣で変わります。

だから、リールは予算の許す範囲で・・・予算の許す範囲でですが・・・いい物を買うことをお薦めします。

リールの性能は値段に比例しますから・・・。





more...

冬こそアンダーウェアーにも気を使おう!

冬の釣りは寒さ対策が問題。

誰もが温かいウェアーを用意する。

しかし、以外に軽視されがちなのがアンダーウェアーだが、実はこのアンダーウェアー良し悪しで快適さが大きく変わる。

アンダーウェアーにそんなに予算掛けられない・・・その気持ちもわかりますが、いい物は長く使えるから結果的にはお得。

寒さこらえて釣果上がらず・・・・なんてことにならないように、アンダーウェアーも見直して見ましょう。




more...

管理釣り場大盛況!

トラウトファンは今、管理釣り場に通っていますね。

渓流が禁猟になると海に釣りに行く人も多いようですが、そこは根っからのトラウトファンはもうトラウトの顔を見ないといてもたってもいられない・・・てところでしょう。

各地の管理釣り場から、釣果情報が数多く届いています。

トラウトフィッシング初心者でも、釣れる確率の高い管理釣り場は絶好のトレーニングフィールド。

この禁漁期にせっせと通って、レベルアップをはかりましょう。

もちろん、タックルは普段使っている渓流用のタックルでも良いのですが、最近の管理釣り場の魚たちは少々気難しいようで、渓流よりも軽いルアーで釣ることが多いようです。

同じ楽しむなら、管理釣り場用のタックルを一本用意しておいたほうがいいですよ。

あの管理釣り場用の超柔らかロッドで、ビックトラウト掛けた日には、もう病み付きですから・・・。



more...

そろそろシーズンですね!ロックフィッシュ!!

冬の釣りものの一つとしてあげられるのがロックフィッシュ。

ライトタックルの釣りがブームの中、根魚などの釣りはまた注目されています。

新しいタックルは次々に発売され、名手によって新しいメソッドも次々と考案されています。

でも、まずは基本に忠実な釣りを心がけましょう。

どんな釣りでもそうですが、基本的なテクニックがあって初めてスーパーメソッドが生きてきます。

そして、必要に応じて使い分けることが大切。

雑誌などでは次々に「爆釣り●●」とうたわれますが、いつでもどこでも・・・ではないんですよ。

そして、基本が大切。魚の生態や環境に合わせた釣り方をマスターしてこそ「爆釣り」があるんです。



more...

サーフトローリング

今回ご紹介のこのサーフトローリングをルアーフィッシングの分野に入れてよいものかどうかは賛否両論あるところだと思うが、ルアーフィッシングが擬似餌の釣りであることを広義にとらえればこれもルアーフィッシングの一分野と見てもよいかと思い、今回紹介することにした。

サーフトローリングとは、マウスシンカー(名称はメーカーによって様々にある)と呼ばれるオモリを使い、軽いルアー(通常は弓角を使用)を遠投しようというシステムである。

磯などから回遊魚を狙うときに、遠くの潮目にルアーを通したいときなどにはかなり有利なシステムである。

リーダーにマウスシンカー結ぶ。マウス後方に伸びているテンビン状のワイヤー先端に去る缶が付いてるので、そこからリーダーを出し弓角を装着する。

マウスは、耳が水面の水を押すことで、ただ巻きするだけでもナブラが起こったような状態を作り出すから集魚効果がある。

マウスには水面で使用するフローティングタイプと水面直下を引くためのシンキングタイプがある。

弓角は日本古来の伝統漁具で、樹脂製の板にフェザーをまとったフックが付いたもの。その形状から、水中でくるくる高速回転をする。

エギやカブラも、今では人気のルアーフィッシングだが、もともとはやはり日本で古くからある漁具である。

もしかすると、今度は弓角のブームも来るかもしれない。



more...

シーズンイン・・・スミイカ!!

秋から冬の東京湾の人気ターゲット・スミイカがいよいよシーズンを迎えた。

釣り味と食味で人気のターゲットだ。

スミイカはテンヤ釣方が主流だが、最近はアオリイカのようにエギのシャクリ釣りでも手軽につれるようになった。

船からの釣りが主であるから、ロッドは1.2~1.5メートルの船用のエギングロッドが使いやすいだろう。

リールは小型のベイトリールが使いやすい。手元でクラッチのオン・オフができる物が有利だ。

道糸はPEの1~2号でリーダーはフロロカーボン4号前後を1.5~3メートルとる。

エギを安定させるために中オモリを使用する。重さは8~10号を水深や潮の速さで使い分ける。

エギは2.5号~4号を使用。カラーはピンク・オレンジ系が基本だがブルーやグリーン系も用意しておこう。

細かい仕掛けは船によっても違うので事前に船宿に確認することをお薦めする。

ポイントに着いたら、オマツリに気をつけてエギを投入する。中オモリとエギが絡まらないように、エギを投入後リーダーがはってから中オモリを投入しよう。

タナの基本は底付近であるが、船長の指示に従い正確な棚を取るようにしよう。タナを正確に取るためにも、ラインには1メールごとにマーカーが付いたものが使いやすいだろう。

棚が取れたら、10~15秒位の感覚でシャクる。シャクった後はロッドティップを下げて糸ふけを出し、そのままエギを沈める。このときにイカが抱いてくることが多い。

イカがのったら一定速度で巻き上げる。海面近くで十分に墨を吐かせるようにしておこう。

東京湾のスミイカ釣り、今年も熱くなりそうです。



more...

青物好調 茨城ではメジマグロやカツオも・・・・

船のジギングは各地で青物が好調のようだ。

茨城県ではメジマグロのほかにカツオも混じってきている。

メジマグロは引きの強さとその食味のよさが魅力のターゲット。

キャスティングとジギング、ともに釣れているようだ。

その他にも、サバやイナダも釣果が期待できるのでお土産には事欠かないだろう。

ロッドは5フィート半から6フィートくらいのジギングロッド。スピンニングリールにPEライン2.5号から3号くらいを巻いて、リーダーにフロロの12ポンドくらいを用意しておこう。

ルアーは、キャスティングなら60グラム前後のもの。ジギングなら100グラム程度の物が良いだろう。

ただし、潮の状況やタナなどによって重さも変わるので、事前に船宿で確認しておこう。

メジマグロの刺身やヅケは美味。

釣ってよし、食べて良しのメジマグロとカツオ狙いで、お父さんの評判もアップ間違いなし!



more...

スポンサードリンク

お薦めサイト・ブログ

sinnsyuubanar1.jpg バナー1.GIF

リンク

アドセンス広告

スポンサードリンク

広告リンク

アドセンス広告

Advertisement

ブログ内検索

FC2カウンター

ウェブサービス

楽天ウェブサービスセンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。