スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のリバーシーバス

いよいよ秋も深まってきました。秋のシーバスシーズンですね。シーバスフリークにとっては、これからの季節は腕がなりますね。

秋は何処でシーバスを狙いますか?

10月になると、各河川で落ち鮎の姿が見られますね。落ち鮎が出たらリバーシーバスフィッシングはいかがですか。

ポイントは河口付近のトロ瀬。昼間のうちに落ち鮎がいるか、または鮎釣り師がいるかをチャックしときましょう。

落ち鮎を追っているシーバスはアップストリームで狙うのが定石。居付きのリバーシーバスは、ダウンストリームでただ巻きでも釣れるが、落ち鮎はアップでキャストし自然に流れてくるさまを演出するのがポイント。

ロングキャストが必要となるケースも多いので、通常のリバーシーバス用のロッドよりもやや長い8ft半から9ftくらいの物がいいでしょう。

ルアーは落ち鮎のサイズに合わせて。

さあ、この秋は、リバーシーバスでエンジョイしましょう!
more...
スポンサーサイト

キメジ・カツオ絶好調ージギング

以前は釣り船といえば餌釣りだったが、最近はルアーフィッシングがブームにもなりずいぶんルアー船が増えた。

今、回遊魚のキメジやカツオが絶好調で、ルアー船も連日賑わいを見せているようだ。

ルアー船での回遊魚釣りは、鳥山やナブラを見つけてのキャスティングとジギングがある。
初めての方には、このジギングがお薦め。

ジギングは、船長の指示するタナよりもやや深めにジグを沈め、しゃくりながら巻き上げて来る釣り。しゃくっては1~2回転ほどリールを巻き、又しゃくる。これを繰り返してタナよりも少し上までまき上げて来る。
タナより上がったら、またもとの深さまでジグを沈める。

しゃくってリールを巻いている時に、ルアーがひらひらと沈む。このときに魚がヒットする事が多い。


ロッドは6ft半くらいのジギングロッド。ジグは100gくらいが標準だが、潮の速さやタナの深さなどで200gくらいのものを使う時もあるので、船宿に問い合わせてみるのがいい。

ロッドのすぐ下にジグを沈めるのでキャスティングをする必要もない。初心者にも釣りやすく、陸っぱりよりも大物が釣れる確率も高い。
more...

秋イカのシーズンです!

いよいよ秋イカも本格的なシーズンを迎えます。
これで10月にはいれば数釣りも楽しめますね。

春は産卵のため、大きなサイズのイカが岸近くに寄って来るので、デカイカ釣りの季節。
そして、春に生まれたイカが成長し、この秋頃から釣れ始めるので、秋は数釣りの季節と言われます。

エギングを始めるにも絶好の季節ですよ。

ロッドは釣る場所によって多少長さが変わりますが、8~9ftくらいのエギングロッドがいいでしょう。

エギは2.5号~3.5号くらいをそろえておきましょう。
エギのカラーは赤・青・オレンジが定番。時間帯や濁りなどで使い分けていきます。
けど、これじゃなきゃ・・・てことはありませんから、好みの色をそろえておくのもよいでしょ。

PEラインを使えば、イカの繊細なアタリもわかりやすいのでお勧めです。ライントラブルもありますが、PEラインが主流の今は、各メーカーがPEラインの使用を前提としたロッドを出しているので、トラブルも起こりにくくなっていますよ。


more...

レインウェアー

秋も深まり、これからは日に日に寒さが厳しくなっていきます。(未だちょっと早いかな?)

日中は気温が高くても、朝夕の冷え込みはさすがにこたえますね。

そんな時に、1枚持っていると重宝するのがレインウェアー。

まだ防寒着は早いかな?というこの時期にお薦め。

海でのルアーフィッシングでは、水を浴びることもしばしば。そんなときにもレインウェアーを着ていれば安心。また、急に風が吹いてきた・・・なんて時にも、レインウェアーは防風対策にもなります。

たたんで置き場防寒着ほどかさばらないし、荷物の片隅にいつも一枚ご用意ください。




more...

回遊魚狙いのルアー   ミノープラグ

小型の回遊魚を構内で習うのであれば、ミノーの釣りでも良いだろう。

サイズは5cmから7cmを標準として、その時の状況によって3cmくらいから12cmくらいまでの中から選べばよいだろう。

カラーも、派手目の色からナチュラルカラーまで数種類、フローティングタイプとシンキングタイプの両方用意して、その時の状況で使い分けていこう。


more...

回遊魚狙いのルアー   メタルジグ

回遊魚つりの定番ルアーはやはりメタルジグだろう。

重さは28gを基本に、その前後の重さを用意しておくとよい。特に、サーフからナブラを狙う時にはかなりの距離を投げる必要もあるので、30gや40gくらいのジグは用意しておくべきであろう。

港湾内の小型を狙うならば、キャスティング距離はそれほど必要ないので10g前後の小型のジグがよいだろう。

どのポイントでつるにせよ、小型で重いもののほうが有利な時が多い。

色も、好みのもでよいので、数種類用意しておく事をお薦めする。
more...

回遊魚釣りにお薦めのリール

ルアー釣りはリールのスペックに頼るところが多い。大きな魚とやり取りする時等は、ドラッグの性能が釣果を左右する。
それだけに、予算の範囲でできるだけよいものを選ぶほうが、後々後悔は少ない。また、長く使っていけるのでかえてお徳かも。

リールは使用するラインが100m~150m程度巻けるキャパシティーのあるものが必要。その中でスプール径のできるだけ大きいほうが巻き癖がつきにくくてよい。

回遊魚の釣りは、とにかく「ひたすら巻く」ことが求めらるので、巻上げがスムーズなもので耐久性の高いものがよい。値段が高くなるほど使用ベアリングの数が増え、巻上げがスムーズになる。

後は、個人の好み。巻き上げ感など好みで選んでゆけばよいと思う。



more...

メッキ・サバ等、小型回遊魚の釣り

メッキやサバ・カマス等は群れが港内に入り込んでくることもある。ポイントはやはり堤防の先端部分が基本となるが、堤防の根元や岸壁の角などにも溜まることがあるのでチャックをしてみよう。

やはり、朝夕のマズメ時が一番狙い目である。

メッキやサバ等は最近では専用のロッドも出回っているが、6~7ftくらいのトラウトロッドでも釣れる。もちろん専用のルアーロッドのほうが錆び等にも強いので安心して使えるが、トラウトロッドでも使用後のメンテナンス(使用後はできるだけ早くに水道などで流水で塩分を洗い流し、日陰の風通しの良いところでしっかりと乾かそう。)をしておけば問題は無い。

ラインは4~6ポンド。7~12gくらいの小型のメタルジグや3~7cmくらいのミノー(フローティング・シンキング)があれば大丈夫だろう。

港内の釣りは、ラン&ガンが基本。回遊魚が回ってくるまでねばるのも手ではあるが、それよりも活性野高居魚のいるところを探すように、次々とポイントを変えていくほうが釣果は上がる。そのため、あまり色々な物を持って歩くよりも、ウエストバックやベスト等にまとめて移動しやすいように工夫することも大切である。


more...

サーフでの回遊魚(青物)釣り

回遊魚をサーフで狙うのもまた楽しい。サーフなら、思い切りキャスティングして気分もすっきり。(投げ釣りでは、ストレス発散になると言う人も多いですね。)

釣り方は港湾部と変わりは無い。やはりナブラ(魚が水面近くで群れる状態)を探して、その周りにキャストして速引きが基本。キャストもナブラの動く先に投げられれば確立はぐっと上がる。

ただ、港湾や突き出た堤防と違い、サーフから潮目まではかなり遠いこともしばしば。だから、必然的に遠くまでキャストすることが多くなる。そのためには、少しでも長いロッドの方が有利になる。(かといって、自分が振れないほど長いんじゃ逆にデメリットですが)

長さは10ft以上。できれば11~12ftくらいあったほうがいいかな。ジグも距離を稼ぐために30gや40gくらいのものは投げることもしばしばある。(大物ねらいなら100gクラスもキャストするぞ)ラインも10~12ポンドくらいあってもいいかな。(でも、できるだけ径の細いものがいいよ)
more...

漁港部での回遊魚(青物)釣り

伊豆の辺りでもぼちぼち回遊魚がシーズンを迎えたようだ。これから冬の入りまで各地でイナダやカンパチ、ソウダガツオやシイラ等の回遊魚釣りが楽しめる。

回遊魚は、サーフや漁港・堤防等でメタルジグを使って釣る事ができる。

回遊魚は基本的に沖の潮目を中心に回遊するので、沖に伸びた堤防の先端など潮通しのよいところがポイントになるが、L字に伸びた堤防などでは内側の部分に群れが入り込む事もある。

タックルは、9ft前後のシーバスロッドでよいだろう。
メタルジグは重さがありサイズの小さい物がよいので28gくらいが中心となり、反応が悪い時はそれよりも軽いものを、また逆風などで距離が出ない時には重めのジグを使うと良いだろう。
リールは中~小型のスピニングリール。ラインは8ポンドが標準で径の細めのものを選んだほうがよい。ダブルラインを介して16ポンドくらいのショックリーダーを1~2メートルほどつないでおけば安心だ。

波っ気のないベタナギの日が「回遊魚日和」といわれるので期待ができる。

キャストしてファーストリトリーブが基本。食い気のないときにはジャークで誘いフォールで食わせるのもよいだろう。
ナブラが出た時には、群れを散らさないようにナブラの先か左右のどちらかにキャストする。
ナブラが出ない時には、できるだけ深く沈めてから一気にリトリーブしてこよう。

回遊魚は、季節によって魚種は変わるが、小型のメッキアジまで含めれば年明け頃まで楽しむ事ができる。
是非挑戦してみよう。
more...

ダイワ(Daiwa) INFEET(インフィート) VR72ML




インフィートはダイワの送るエントリーモデル。しかし、そのスペックはワンランク上をしのぐほどだ。
このVR72MLは港湾内でのシーバスフィッシングで、小型のミノーをて換えしよくキャストするのに最適なモデル。

港湾内はラン&ガンが基本。いくつものポイントを移動しながら釣るにも最適な1本である。


ダイワ(Daiwa) INFEET(インフィート) VR72ML



[お薦めブログ]信州・渓流釣り三昧



ダイワ INFEET-EG 83MHI



INFEETはダイワがおくるコストパホーマンスの高いシリーズ。リーズナブルな価格にして、その性能は一つ上のクラスをしのぐほど。
このINFEET-EG 83MHIはインターラインタイプのオールラウンダー。風邪の強い日でも糸がらみの心配もなくキャストできる。
もちろんラインのたるみを気にすることなく、ハードなシャクリをガンガン入れられる。

これから秋イカのシーズン到来。各地でサイズはまだ小ぶりだが、数が出ていると言う情報もかなり聞こえてきている。

このINFEET-EG 83MHIならば、秋の数釣りはもちろん春の大型イカでも安心。また、港内のシャローから沖の深場まで季節や場所を選ばないスタンダードモデル。
しなやかなティップとパワフルなバットがオールラウンドに活躍してくれるだろう。

4号のエギまで自由にコントロールできるから、エギングの醍醐味を十分感応できるだろう。

ハイコストパフォーマンスで、お薦めの1本である。

ダイワ INFEET EG83MHI



[お薦めブログ]信州・渓流釣り三昧



ダイワ ザ・シルバークリークNスタージ MP56UL


あらゆる天然フィールドに対応したダイワのトラウト用ロッド・Nステージ。その中でもMP56ULは渓流並継モバイルパックモデル。禁漁間近の渓流で、源流を目指して釣行する際にもコンパクトにしまえるので携帯に便利。また、ULアクションは小さな漁港や堤防での小物釣りにも使えるので、出かける際に荷物の中に一緒に入れておけば、どこでも釣りが楽しめる。

持っていて損の無い1本である。


ダイワ ザ・シルバークリーク Nステージ MP56UL





[お薦めブログ]信州・渓流釣り三昧




スポンサードリンク

お薦めサイト・ブログ

sinnsyuubanar1.jpg バナー1.GIF

リンク

アドセンス広告

スポンサードリンク

広告リンク

アドセンス広告

Advertisement

ブログ内検索

FC2カウンター

ウェブサービス

楽天ウェブサービスセンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。